飲食店にPOSシステムを導入するメリットとは?

img-1

ポスシステムとよく聞くことがありますが、POSとはPointsofsalesの略です。

「商品が売れたその時点」という意味があります。通常、飲食店の経理の締めはその日営業が終わった時点で集計し、仕入れ材料費との差をとって粗利を計算するようになっていますが、POSシステムを導入すると、商品が売れた時点で登録管理されるので、リアルタイムに商品が売れたかを瞬時把握でき着るようになります。

在庫管理と併せて行うと、次の仕入れも楽に行えますし、いつどの時点でどんなものが売れるのかが、データを蓄積し後で分析するのにも役に立ちます。

このように会計管理を楽にするだけではなく、仕入れや売れ筋商品の分析などのデータの収集も出来るのですが、導入するには、レジとのネットワークシステム構築とデータを、蓄積するためのコンピュータやサーバ、数値を集計する会計システムと、分析するための可視化のツールが必要になってきます。


再度、飲食店にPOSレジを導入して得られるメリットを整理すると1会計管理のスマートにできる。


2次元、3次元バーコードや商品コード管理を組み合わせて効率的になるので、レジ担当者が誰でもできるようになる。

(ただし、商品が入れ替わったり、新商品が出るたびに登録の手間はかかります)2売上管理の可視化と在庫管理が非常に楽になる。



整理された数値を見て経営分析や経営戦略を練ることができる。

過剰在庫が発生しにくくなる。



仕入れの無駄を省ける(時間や食品ロスが発生しにくいようになる)3会計時の打ち間違いなどのミス防止や、不正経理が少なくなる。



打ち間違いは多めにとると、顧客からのクレーム処理に対応が追われ、少ないとその分損失に直結します。

会計のミスの事で叱責すれば、従業員のモチベーションも下がり、単純なミスが経営側にとっても大きな損失につながることになります。



また、悪意を持った従業員が、会計管理の隙を突いて売り上げの持ち逃げするなどが発生しにくいために健全な、会計処理ができるので透明性が担保しやすくなります。

4消費税計算がしやすい。



リアルタイムに計算がされるので、毎年2〜3月に、膨大にたまった、伝票の処理をしなくて済み、申告漏れも発生しません。

https://allabout.co.jp/gm/gc/50018/

5複数店舗経営の際に一元管理ができる。
リアルタイムの売り上げ計算や在庫管理ができてくると、複数店舗経営している際にスケールメリットが生まれます。

http://jp.reuters.com/article/britain-eu-nissan-court-idJPKCN0Z6207

地域をまたがっての店舗展開をしているなどには、長らく同じような販売展開をしている場合に顧客や集客層の幅が固定してしまうデメリットが生じ、飲食店の場合では、特に同一内容の商品メニューだけの展開をしていくと、その差が際立つことが多くなったりします。



このような場合には店舗ごとに売り上げ分析を行い、その店舗の弱いところや強みなどを丁寧に分析していくと、店舗毎の特性が可視できるようになり、売り上げを伸ばすことが可能になります。

このようにPOSシステムは導入のメリットが非常に高いといえます。

関連リンク

img-2
飲食店にPOSシステムを導入するメリットとは?

ポスシステムとよく聞くことがありますが、POSとはPointsofsalesの略です。「商品が売れたその時点」という意味があります。...

more
img-2
今後も格安Simをおすすめできる理由について

インターネット接続をする場合、制限が緩く、安定して接続するためには、有線回線を用いる方法がベストかもしれません。しかし、常に有線回線を引くことは難しい場合がほとんどです。...

more
top