法人利用できるタブレット

img-1

最近注目されているのが業務用タブレットというもので様々な法人企業に採用されています。

利用目的としては業種や業態によっても変わってきます。


まず法人で利用するメリットとしては、これまで業務に必要な機能や処理をパソコンで行っていました。

しかしノートパソコンは費用的に高価であり、コストがかかるという課題がありました。
またノートパソコンはとても重たく持ち運びも不便なのです。

しかしタブレットの場合は、1台あたりの費用が安いということでノートパソコンなどと比較するとより多くの台数を導入することができるようになります。

また軽くて画面が見やすいということもあり、持ち運びすることができるというのが利点でもあり、外回りをする営業担当の方でも利用しやすいのです。
またパソコンと大きく違うところは起動の速さとバッテリーも持ち時間です。


例えばメールを確認しようとした場合もパソコンの場合はOSの起動に時間がかかってしまう、ソフトを起動するにも時間がかかってしまうことになります。


バッテリーの持ち時間が短いこと、そしてバッテリーを充電するためにもコンセントから充電する必要があるなど効率よく利用することが難しいということになります。


その点タブレットであればメールを確認するような場合もすぐに起動することができ、メールソフトを選択すればすぐに内容を確認することができるのです。
バッテリーも持ち時間も1日以上十分もつため仕事に使用することができます。
例えば営業担当が取引先へ提案を行うような場合や見積もりを作成して提示するような場合も、大きな画面でわかりやすく説明することができ、すぐに画面でいろいろな情報に切り替えて提案をすることができるようにもなります。このようなタブレットは営業担当以外にも店舗に導入するという例もあり、複数展開しているような店舗に導入してそこで売上の入力、在庫数の入力、勤怠の入力などを行うことができるようになります。

例えば勤怠なども出勤退勤の管理画面から入力をするとその時間の出勤時間、退勤時間を記録することができそのまま本部の勤怠管理システムと連携することができるようになります。


店舗の従業員の労務管理や給与計算なども早く正確に行うことができるのです。
オフィスで使用するソフトを使用することもできるため、クラウドなどを通じて共有しているオフィス文書や提案書などを使用することもできるようになります。

法人でタブレット導入を行うことでメールなどのソフトを使用して社内情報を共有することができるということ、取引先などに対する営業活動にも利用することができます。

他に情報収集という面から企業に必要な売上や勤怠といった管理データを集めることができるようにもなるのです。

そしてコストを抑えて導入することができるというのもメリットであり、拡張性もたかくいろいろな場所で使用することができるオプションも充実してきています。











http://www.sankei.com/west/news/161115/wst1611150069-n1.html

http://smany.jp/8601

http://news.goo.ne.jp/article/oita/region/oita-9278B11D-9F99-4E0D-AC95-0E79C68279E5

関連リンク

img-2
格安スマホの評判とは

au、ソフトバンク、ドコモは昔からある携帯キャリアの会社ですが2年ほど前からいわゆる格安スマホと呼ばれるそれ以外の会社がどんどん参入しています。その名の通り毎月の月額料金が非常にリーズナブルで、破格であることからかなり利用数が増えています。...

more
img-2
飲食店にPOSシステムを導入するメリットとは?

ポスシステムとよく聞くことがありますが、POSとはPointsofsalesの略です。「商品が売れたその時点」という意味があります。...

more
top